284498_m_edited.jpg

行政書士業務案内

官公署に提出する書類

行政書士は、官公庁に提出する書類の作成及び相談、これらを官公署に提出する手続きについて代理することを業としています。関わる書類のほとんどは許可認可(許認可)などに関するもので、その数は1万種類以上とも言われます。

許認可

権利義務に関する書類

行政書士は、「権利義務に関する書類」について、その作成及び相談を業としています。

「権利義務に関する書類」の主なものは、遺産分割協議書、各種契約書(贈与、売買、交換、消費貸借、使用貸借、賃貸借、雇傭、請負、委任、寄託、組合、終身定期金、和解)、念書、示談書、協議書、内容証明、告訴状、告発状、嘆願書、陳情書、上申書、始末書、定款等です。

遺産分割協議書

事実証明に関する書類

行政書士は、「事実証明に関する書類」について、その作成及び相談を業としています。

「事実証明に関する書類」の主なものは、実地調査に基づく各種図面類(位置図、案内図、現況測量図等)、各種議事録、会計帳簿、貸借対照表、損益計算書等の財務諸表、申述書等です。

書類作成

その他特定業務

社会保険労務士の申請書等作成の業務。

法務大臣あての帰化許可申請書の作成。

特定行政書士による不許可処分の見直し申請。

帰化申請
 
 
 
 

まずはお気軽にご予約ください。

​受付時間18:00まで

または、柏事務所 tel.04-7167-4848(受付時間20:00まで)にお電話ください。